2019年度省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」受賞

「環境設計の家」を掲げて、注文住宅の販売やFC事業、リフォーム事業、不動産事業等を展開するアエラホーム株式会社(以下:アエラホーム 東京都千代田区/代表取締役社長 中島鷹秀)は、「アルミ箔ボードを用いた外張断熱工法」を用いた住宅商品の持つ高い省エネ性能を評価され、2019年度省エネ大賞(主催:一般財団法人省エネルギーセンター)の製品・ビジネスモデル部門において、2019年12月23日(月)に「省エネルギーセンター会長賞」を受賞いたしました。

省エネ大賞とは、事業者や事業場等において実施した他者の模範となる優れた省エネの取り組みや、省エネルギー性に優れた製品並びにビジネスモデルを表彰する顕彰制度です。この省エネ大賞では、公開の場での審査発表会や受賞者発表会、さらには全応募事例集や受賞製品概要集などを通じ、情報発信や広報活動を行うことにより、わが国全体の省エネ意識の拡大、省エネ製品の普及などによる省エネ型社会の構築に寄与することを目的としています。

アエラホームでは、「私たちは高性能住宅を提供することで、日本の環境改善を促進し、広く世界に愛され、地域社会と地球環境に貢献していきます」という企業理念のもと、アルミ箔面材付き高性能遮熱断熱材「キューワンボード」を用いた外張断熱工法による高気密・高断熱・高遮熱住宅「プレスト」の開発をはじめ、同じく外張断熱工法で蓄積したノウハウを活かして開発したリフォームパッケージ「住みながらリフォーム アルミの外張 涼暖くん」を販売してまいりました。

この度の、2019年度省エネ大賞「省エネルギセンター会長賞」の受賞は、アルミ箔ボードで建物の外から断熱材で覆い、「外気温の影響を受けにくい」「徹底した気密処理によって、室内の快適な空気の流出も防ぐ」といった特長を持つ、アエラホームの外張断熱工法が発揮する高い省エネ性能とそれを活かした高性能住宅の普及促進を評価いただいた結果だと考えております。

現在、住宅における断熱・気密性能は、省エネ性だけでなく、住む人にとっての「健康」にも大きく影響するとして着目されており、高齢者や障害者、子育て世代の健康の維持・増進といった、スマートウェルネス住宅といった観点からも重要なものです。アエラホームでは、「より良い家を、より多くの方に」の基本方針に則り、外張断熱工法による高性能住宅の普及促進を続けるとともに、さらなる価値の提案と強化に今後も努めてまいります。

<参考>
https://www.eccj.or.jp/index.html 一般財団法人省エネルギーセンター ホームページ

【会社概要】
名  称:アエラホーム株式会社(http://www.aerahome.com
所 在 地:東京都千代田区九段南2-3-1 青葉第一ビル2階(東京本社)
代 表 者:代表取締役社長 中島鷹秀

【本件に関するお問い合わせ先】
担 当 者:アエラホーム株式会社 広報課 後藤
T E L:03-3512-2311 / E-mail:info@aerahome.com

Post Author: DreamNews