「農業ロボットの世界市場:ロボットタイプ別、用途別2025年予測」最新調査リリース


リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「農業ロボットの世界市場:ロボットタイプ別、用途別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
農業ロボットの世界市場規模は2020年段階で74億ドルと推計されます。同市場は今後急成長が見込まれ、2025年には206億ドル規模に達するとレポートでは予測しています。当レポートでは、2025年に至る産業ロボットの世界市場予測(市場規模US$、台数ベースUnits)、製品サービス別市場(ハードウェア各種、ソフトウェア各種、サービス各種)、ロボットタイプ別市場(無人航空機/ドローン各種、搾乳ロボット、無人トラクター、自動収穫システム、その他)、屋外/室内別市場、農産物別市場(果物/野菜、農作物、乳製品/家畜、その他)、用途別市場(収穫管理、畑作、酪農/家畜管理、土壌管理、灌漑管理、剪定、気象監視/追跡、在庫管理、その他)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
農業ロボットの世界市場:ロボットタイプ別、用途別2025年予測
Agricultural Robots Market by Offering, Type (UAVs, Milking Robots, Driverless Tractors, Automated Harvesting Systems), Farming Environment, Farm Produce, Application (Harvest Management, Field Farming), Geography – Global Forecast to 2025
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Agricultural_Robots_2025_MAM1825.html

【レポート構成概要】
◆農業ロボットの世界市場予測2017-2025年
・市場規模(US$)
・台数ベース(Units)

◆製品サービス別、市場-2025年
<ハードウェア市場>
オートメーション/制御システム
・ディスプレイ
・ガイダンス、ステアリング
・GPS/GNSSシステム
・カメラ
-マルチスペクトルカメラ
-赤外線カメラ
-サーマルカメラ
-LIDARカメラ
-高解像度カメラ

・モバイル機器/ハンドヘルドコンピュータ
・フロー/アプリケーション制御装置
・その他

センシング、モニタリング装置
・収台数モニター
・土壌センサ(栄養素、湿度、温度)
・水分センサ
・気候センサ
・その他

<ソフトウェア市場>
・ローカル/ウェブベース
・クラウドベース

<サービス市場>
システムインテグレーション、コンサルティング
マネージドサービス
・農場オペレーションサービス
・データサービス
・分析サービス
接続サービス
専門支援サービス(サプライチェーンマネジメント,気象情報,その他)
メンテナンス、サポートサービス
※(市場規模US$)

◆ロボットタイプ別、市場-2025年
無人航空機(UAV)/ドローン
・固定翼機
・回転翼機
・ハイブリッド
搾乳ロボット
無人トラクター
自動収穫システム
その他
※(市場規模US$) (台数ベースUnits)
※タイプ別に用途別、農産物別、農場環境別の細分化データ掲載

◆屋外/室内別、市場-2025年
・屋外
・室内
※(市場規模US$) (台数ベースUnits)
※農場環境別にロボットタイプ別の細分化データ掲載

◆農産物別、市場-2025年
・果物/野菜
・農作物
・乳製品/家畜
・その他
※(市場規模US$) (台数ベースUnits)

◆用途別、市場-2025年
・収穫管理
・畑作
・酪農/家畜管理
・土壌管理
・灌漑管理
・剪定
・気象監視、追跡
・在庫管理
・その他
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2025年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
南米
・ブラジル、アルゼンチン
・その他南米
欧州
・英国、ドイツ、フランス
・イタリア、オランダ
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド、韓国
・オーストラリア
・その他アジア太平洋
その他地域
・アフリカ
・中東
・ロシア
※地域別に各種セグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス分析(ドライバー、障壁、機会、課題)
・業界動向
・バリューチェーン分析
・PESTLE分析
・競合状況

◆農業ロボットの主要企業プロフィール動向
・DEERE & COMPANY
・TRIMBLE
・AGCO CORPORATION
・DELAVAL
・DJI
・BOUMATIC ROBOTICS
・LELY
・AGJUNCTION
・TOPCON POSITIONING SYSTEM
・AGEAGLE AERIAL SYSTEMS

(有望企業)
・DEERE & COMPANY
・DJI
・TRIMBLE
・AGCO CORPORATION
・DELAVAL

(その他企業)
・ヤンマー株式会社
・DEEPFIELD ROBOTICS
・ECOROBOTIX
・HARVEST AUTOMATION
・NAÏO TECHNOLOGIES
・ROBOTICS PLUS
・CNH INDUSTRIAL N.V.
・株式会社クボタ
・HARVEST CROO
・AUTONOMOUS TRACTOR CORPORATION

(全213頁)

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Agricultural_Robots_2025_MAM1825.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年2月5日

★関連レポート
「精密水産養殖(Precision Aquaculture)の世界市場:2024年に至るシステムタイプ別、用途別予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Precision_Aquaculture_2024_MAM1812.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

Post Author: DreamNews