【ネット予約システム関連技術】特許総合力ランキングトップ3は楽天、リクルート、EPARK

株式会社パテント・リザルトは2020年7月28日、日本の特許庁で公開された「ネット予約システム関連特許」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。

スマートフォンなどが普及した結果、時間や場所を問わず予約ができるようになり、予約を受け付ける施設や店舗では、その効率的な受付・管理方法が求められています。今回の調査では、日本の特許庁で公開されている予約の受付・管理関連技術全般について、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに、特許の質と量から総合的に見た評価を行いました。

その結果、「総合力ランキング」は1位 楽天、2位 リクルート、3位 EPARKとなりました。



総合力1位の楽天は「グループでの宿泊予約支援システム」や「交通手段及び宿泊施設の予約を併せて受け付けるサービス」に関する技術などが、注目度の高い特許として挙げられます。

総合力2位のリクルートの注目度の高い特許には、「多様な業種・業態のサービスに適用可能な予約管理装置」や「施設における予約の順番待ちを管理するシステム」に関する技術などが挙げられます。

総合力3位のEPARKの注目度の高い特許には、「同一企業が運営する複数の施設の利用者数を増加させる予約管理装置」や「係員を介さず予約の受け付けや運用を可能とする、駐車場の情報管理装置」に関する技術などが挙げられます。

そのほか、4位のぐるなびは「店側がユーザの反応を知ることが可能な宴会成約支援システム」などが、5位の富士通は「公共の場などの大画面に表示されている一覧情報を用いて予約を行うことができる情報提供装置」に関する技術などが、注目度の高い特許として挙げられます。

6位以下にはトヨタ自動車NECヤフーなどの企業がランクインしています。

本分析の詳細については、特許・技術調査レポート「ネット予約システム関連技術」にてご覧いただけます。

■価格:100,000円~(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2020/07/reserve.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許分析セミナー情報>>
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階

Post Author: DreamNews