チェーホフの名作を現代の”喜劇”に昇華 ⻑期企画KAMOMEの集⼤成、新進気鋭のアートチーム・エリア51『カモメ』上演決定 カンフェティでチケット発売

エリア51『カモメ』が2021年12月3日 (金) ~2021年12月7日 (火)に浅草九劇(東京都台東区)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて11月3日(水)10:00より発売開始予定です。
カンフェティで11月3日(水)10:00よりチケット発売開始
https://www.confetti-web.com/

公式ホームページ
https://www.area51map.net/kamome

エリア51『カモメ』
アントン・チェーホフ作『かもめ』を、『家』『喪』『女 ME』の3パートに分けて上演した長期企画KAMOME。その集大成となる劇場公演、舞台『カモメ』が浅草九劇にて満を持して上演!

【あらすじ】
舞台は舞台裏———”かもめ”が眺めてきた喜劇。
チェーホフの『かもめ』現代日本版の稽古にはげむ俳優たちの「舞台裏」物語。彼らは実生活で、登場人物に似た筋書きをたどっていく。フェイクとリアルの仮面を使い分け、作家の筆で現実をも脚色されながら、たどり着いた「舞台」で待ち受けているものとは。

エリア51

「社会に働きかけるものづくり」をテーマに活動。メンバーそれぞれがアーティストとして作品を生み出していける「環境」となることをめざす。演劇・映像・音楽・インスタレーションなどジャンルレスに社会とつながっていくことを目的とする。現在は、会社員やスタイリスト、楽器奏者などの個性的なメンバー8名で構成されている。

公演概要

舞台『カモメ』
公演期間:2021年12月3日 (金) ~2021年12月7日 (火)
会場:浅草九劇(東京都台東区浅草2-16-2浅草九倶楽部 2階 )

原案:アントン・チェーホフ『かもめ』
作・演出: 神保治暉

■出演
門田宗大 / 高田歩 / 円井わん / 原雄次郎 / 森田ガンツ / ボブ鈴木 / 土屋いくみ / 植木広子 / トムキラン / 福田周平 / 山崎まりあ / 神保治暉

■公演スケジュール
12月3日(金)19:00
12月4日(土)14:00 / 19:00
12月5日(日)13:00 / 17:00
12月6日(月)14:00 / 19:00
12月7日(火)14:00
※開場は、開演の30分前

■チケット料金
前売:5,000円
(全席自由・税込)

Post Author: @Press