下北沢駅前に本格的な薪テントサウナが期間限定で登場

渋谷で開催され好評を博したサウナイベント「サウナタウン」が2022年1月7日(金)~2022年3月19日(土)、小田急線・下北沢駅(東京都世田谷区)が最寄りの「下北線路街 空き地」で「サウナタウン下北沢」を開催します。400平米の屋外スペースに10基以上の薪テントサウナを用意し、駅近くでアウトドアサウナを楽しむイベントです。入場料は男性2,500円、女性2,000円(90分)、営業時間は10:00~22:00を予定しています。

現在、日本は空前のサウナブームとなっています。「サウナタウン」はサウナブームをブームで終わらせず、この先も老若男女に愛されるカルチャーとして定着させたいという思いからスタートした「サウナのない場所に、サウナのある街を立ち上げる」移動型サウナプロジェクトです。今年4月に東京都内で実験的に開催した「サウナタウン」は口コミで広がり、10日間で1,400人以上が来場しました。今回は規模を大幅に拡大し、カルチャーの街・下北沢で開催します。

「サウナタウン下北沢」のゾーンイメージ

「サウナタウン」のイメージヴィジュアル

■11基の国産薪テントサウナ&貸切りのVIPサウナ

男性、女性エリアで合計10基以上の日本製薪テントサウナを用意します。また5名まで貸し切れるVIPテントを1基設置(別料金)。サウナテント内では様々な香りのロウリュや体験が楽しめるほか、水風呂とリラックススペースは冬の外気の中、極上の“ととのい”時間を体感できます。また、エリア各所は廃業した銭湯の備品で装飾。古き良き日本の銭湯文化を融合した空間でゆったりとした時間を過ごしていただけます。

テントサウナ

VIPテント

東京都内で開催した「サウナタウン」の受付の様子

■豊富なサウナ飯とオリジナルグッズ、アクティビティも。

人気のサウナ飯は、ガツン系のとん汁、しょうが焼き、静岡おでん、から揚げなどから、バーニャカウダーなどの生野菜系まで豊富なメニューをご提供します。グッズはサウナ必須アイテムのポンチョやタオルをはじめ、10種類以上のオリジナルグッズを販売。アクティビティエリアではサウナの本場フィンランド発祥のスポーツであるモルックや温泉ゲームなどが楽しめます。

■サウナを愛するクリエイティブ集団NEWTOWNが“サウナのある街”を演出

「サウナタウン」プロジェクトは、サウナブームの火付け役となったテレビドラマ「サ道」(2019年放映)への制作協力をはじめ、様々なサウナイベントを企画・制作してきた「NEWTOWN」が参加。生粋のサウナ好きからサウナ初心者まで多くの方が好き好きに没頭できるサウナ空間をご提供します。

<サウナタウン下北沢の概要>

■会期     : 2022年1月7日(金)~3月19日(土)

■営業時間   : 10:00~22:00(22:00完全退出)

■会場     : 下北線路街 空き地(小田急線下北沢駅から徒歩4分)

■入場料    : 男性2,500円、女性2,000円(90分)/延長料金:400円(10分)

          VIPテント貸切り20,000円(110分、5名まで利用可能)

■チケット予約 : 12月中旬よりローソンチケットで予約開始

          ※予約チケットを購入いただいた方は優先して入場いただけます。

■主催     : サウナタウン町内会

■企画・制作  : NEWTOWN inc.、KIRINZI inc.

■公式Instagram: https://www.instagram.com/saunatown_japan/

■公式Twitter : https://twitter.com/saunatown2

<「下北線路街 空き地」とは>

小田急線「東北沢駅」から「世田谷代田駅」の地下化に伴う線路跡地の開発によって生まれた「下北線路街」に、期間限定でPOP UPした“みんなでつくる自由なあそび場”です。常設のカフェスタンドや、シモキタらしい個性的なイベントの数々、さらにオーナーが定期的に入れ替わるPOP UPキッチンもご用意。みんなが作り手となって自由に楽しめる、実験的な広場です。

ウェブサイト https://senrogai.com/akichi/

下北線路街 空き地

Post Author: @Press